2014年09月13日

あれから、、、

呑気なオカンは 相変わらず呑気なんやけど

ツーリング週の次の週末に
広島の長女達の居る避難所を訪ねて




ダンボール箱を組み合わせて
各家族の仕切りが作られた場所を提供して貰って
身重の長女には マットレスまで貸して貰って
入れ替わり立ち代り テレビのリポーターだったり
メンタルケアの方だったりが出入りしてます

物資はありあまる程で…

この避難所のある場所から 数百メートルも
離れてない国道を挟んで 向こう側は
普段と何変わらぬ生活だから

難儀してはるのは まさに土砂災害を受けた地域の方だけなんで
逆に 不思議な空間であったりもします

災害のあった 地域では
始終ボランティアの長靴を履いて
スコップを担いだ方々が行き来してました

高校生や中学生まで居ます

避難所内でも ボランティアの中学生が
小さい子供達を遊んでくれたりと
至れり尽くせりで 頭の下がる思いでした

長女達が住んでた場所まで行くと



この車のあるところが長女の家で
ほんの30m程のところに
かきよせられた土砂が積み上げられてて
その土砂の中にある家は
一階部分が押しつぶされる状態でした

現場を見て 改めて災害の大きさと
又 改めて長女一家の無事に
感謝がつのるばかりでした

車が廃車になった以外は
二次災害の危険区域であるとの事での避難生活なもんで
家が潰れたり ライフラインが閉ざされたり
といった 本当に被災してしまった!
と言う訳でもないので
ボランティアの方々が提供してくれる炊き出しを頂くのも 気が引ける!
との事で 夕飯は外に食べに出て
その日は 避難所から 帰られた方の居た場所が空いてるからと
避難所で一晩やっかいになることにしました

すでに引越しの段取りもつけたらしいので
身重で 引越しの荷詰めと 子供の面倒は
この環境では 辛いやろから
明けて次の日に 孫っち達を預かって帰る事にしました

孫っち達も 自分の事は出来るくらい成長もしてくれてるので
次女の助けを借りながら 店も開け
日中には 普段全く一人なんで
孫っち達との時間を存分に楽しみ
充実な一週間を過ごさせて貰った週末には
引越しの完了した 新しい住まいに
孫っち達を送り届けてきました^_^

送りの途中に
改修幕の取れた 姫路城の見学に寄ったり



夕飯は 広島名物の広島焼き食べて
お疲れ様の乾杯したりと




とにもかくにも やれやれと安堵感で
またしても 呑気決め込んでるちーやんです;^_^A


今回は 中秋の名月

スーパームーンと言うこともあって
本当に綺麗に見せて貰えましたね



この綺麗なお月様見せて貰えて
あぁ 守られてるなぁと
なんだか 力も沸いてくるような気分にさえ
させて貰えました^_^

ほんまに ありがとうございます 感謝感謝❤️
  


Posted by chiiyan at 12:35Comments(8)